PRこの記事には商品プロモーションを含む場合があります。

エイダコイン(ADA)とは? 買い方や今後について徹底解説

エイダコイン(ADA)に
ついて徹底解説

『エイダコインってなに?』
『エイダコインは安全なの?』
『エイダコインはどうやって買うの?』

このような悩みや疑問を持っていませんか。

暗号資産に興味があっても投資する通貨について知識が少ないと不安になりますよね。

そこで、この記事では次の内容について詳しく解説します。

この記事の内容
  • エイダコインの概要や特徴
  • エイダコインのリスクや今後について
  • エイダコインの買い方

この記事を読むことでエイダコインについて詳しい知識が手に入るできるので、興味のある人はぜひ最後まで読み進めてみてください。

エイダコイン(ADA)とは

エイダコイン(ADA)

エイダコイン(ADA)は、Cardano Foundation(カルダノ財団)によって発行された暗号資産(仮想通貨)であり、カルダノ財団が開発したブロックチェーンプラットフォーム「Cardano(カルダノ)」で利用できます。

なお、プラットフォームと暗号資産は互いに作用し続ける性質を持っていおり、これらの価値は常に比例しています。たとえば、プラットフォームの人気が高まれば、エイダコイン(ADA)の価値も上昇する反面、プラットフォームの人気がなくなれば、エイダコイン(ADA)の価値は下がります。

Cardano(カルダノ)はイーサリアムと同じ「スマートコントラクトやブロックチェーン技術を導入したプラットフォーム」ですが、イーサリアムより高い性能・セキュリティ能力を保持しています。そのため開発当初から多くの注目を集め、ローンチ後には多くの市場シェアをイーサリアムから奪いました。

そんなCardano(カルダノ)について、ここからは具体的な特徴や仕組みについて解説していきます。

 

カルダノ(Cardano)の特徴

では、Cardano(カルダノ)の特徴について見ていきましょう。

  1. スマートコントラクトが実装されている
  2. ブロックチェーン技術が用いられている
  3. 専用のウォレットがある

上記の3点はCardano(カルダノ)の大きな特徴であり、これらが機能していることでイーサリアムを上回る性能やセキュリティが実現できています。

これらを理解することで Cardano(カルダノ)やエイダコイン(ADA)についての詳しい知識が得られるのでぜひご覧ください

スマートコントラクトが実装されている

スマートコントラクトとは、取引データや契約データといった「外部からの情報」がトリガーとなって実行されるプログラムです。

Cardano(カルダノ)はこのスマートコントラクトを取り入れることで取引処理の全自動化を実現しています。

上記のとおり、今までコインチェックやGMOコインといった仮想通貨取引所や、銀行などの金融機関が果たしてきた役割全自動で稼働するアプリ(取引所)が代替できるのです。

なお、スマートコントラクトはイーサリアムに実装されている技術として有名ですが、Cardano(カルダノ)では「Plutus」といった独自のスマートコントラクトを採用しています。

イーサリアムに実装されているスマートコントラクトが取引の自動化を実現しているのに対して、「Plutus」は(取引だけでなく)個人情報の記録も自動で行ってくれることから、Cardano(カルダノ)の機能性やセキュリティはイーサリアムをしのぐものになることが期待されています。

ブロックチェーン技術が用いられている

Cardano(カルダノ)にはブロックチェーンが用いられています。

ブロックチェーンとは取引履歴を記録する台帳のようなものであり、世界各地のノード(ネットワークに参加しているユーザ)が帳票(取引記録)を回覧することで、取引記録の管理を分散して行っています。

(引用:be CONNECTED

この技術が誕生したことで、今までは銀行や取引所のような管理者・仲介者を通して行っていた取引の記録を、管理者・仲介者が不在の状態でも行えるようになりました。

管理者・仲介者が不要となることで仲介手数料が無料(もしくは格安)になることに加えて、今まで手動で行っていた作業がすべて自動化されたことによって、処理にかかる時間も圧倒的に短縮できます。

専用のウォレットがある

エイダコイン(ADA)は、カルダノは専用のウォレットである「ダイダロス」で管理することができます。

「ダイダロス」はセキュリティ能力が高いうえ、「カルダノのステーキングに参加するための委任機能」を搭載してある、ウォレットにエイダコイン(ADA)を保管しておくだけで保有量に応じた報酬を受け取れます

さらに「ダイダロス」には、投票システム「Catalyst Fund3」に参加するための機能も搭載されているので、ウォレットを通じてCardanoネットワークの開発に自分の意思を反映できます。

以上のように、カルダノの専用ウォレット「ダイダロス」の利用は、利用者に大きなメリットをもたらします。

エイダコイン(ADA)の過去の価格推移


下の表には、2019年10月~2021年11月までの(1年ごと)のエイダの価格推移をまとめていま。

日時 価格(円)
2019年10月 ADA = 4
2020年10月 ADA = 11
2021年10月 ADA = 254

エイダコインは、2017年10月にアメリカの暗号資産取引所である「Bittrex」に上場したのち、その価値を高め続けています。とくに2019年以降の価格の高騰はめざましく、2019年~2021年にかけて60倍以上の値上がりを見せました。

2021年9月に最高値である(1ADAあたり)310円を記録してからは弱気相場が続いていますが、暗号資産の普及や人気の高まりと共に今後も価値は上がり続けることが予測されます。

投資の原則は 安く買って高く売る ことです。

現状は弱気相場だとしても未来では値上がりする可能性も十分あるので、安い今のうちに購入しておくのも一つの手ではないでしょうか。

エイダコイン(ADA)購入時の注意点

購入時の注意点

エイダコインを含め、暗号資産を購入する際にはいくつかの注意点があります。

  1. 価格の上下が激しい
  2. 20万円以上の収益がある場合は確定申告が必要

この記事では、上記の2点について説明します。

いずれも知らないと損してしまうことがあるので、これらは絶対に抑えたうえでエイダコインを購入してください。

価格の上下が激しい

まず、暗号資産への投資は他の金融少雨品への投資に比べて価格の変動が激しいです。

そのため、強気相場では暗号資産の価格が急騰しやすい反面、弱気相場では急落する可能性も少なくありません。

暗号資産を購入する際は上記を理解したうえで自己責任で行いましょう。

利益がでた場合は確定申告や住民税申告が必要

暗号資産への投資で利益が出ている人は、確定申告・住民税申告が必要となる場合があります。具体的な内容については下記をご参照ください。

 条件 申告義務
会社員など給与所得者が約20 円以上の利益を得た場合 確定申告が必要
会社員など給与所得者が1円以上~20 円未満の利益を得た場合 住民税の申告が必要
給与所得者以外、個人事業主が38万円 以上の利益を得た場合 確定申告が必要
給与所得者以外、個人事業主が1円以上~38万円未満の利益を得た場合 住民税の申告が必要

仮想通貨で利益を得たのに「申告・納税を行う」義務を怠った場合には、ペナルティとして「加算税」が課されます。

悪意のある未申告や申告漏れはもちろん、ちょっとした計算ミスや勘違いに対しても「加算税」が課される恐れがあるので、申告や納税は正確に行いましょう。

仮想通貨の税金についてもっと詳しく知りたい人はこちら!

エイダコイン(ADA)の今後

画像名称

結論から言うと、エイダコイン(ADA)の価格は今後も上昇することが予測されます。

その根拠として「エイダコインはまだまだ発展途中」であり、いまも開発が進められています。多くの投資家から注目を集めているということもあり、今後の発展に伴いより一層その価値を高めることでしょう。

また、ここ数年のうちに暗号資産市場は急速に発展しました。次の表は代表的な暗号資産の2年ごと価格推移です。

銘柄 2017年9月 2019年9月 2021年9月
ビットコイン(1BTC)  480,000円  900,000円 5640,000円
イーサリアム(1ETH) 20,000円 20,000円 430,000円
バイナンスコイン(1BNB) 100円 3,000円 50,000円
ケーキ(1CAKE) - 100円 2,000円

この表が示す通り、多くの銘柄が過去の価値の何倍にも成長していることから、この市場の成長がいかにすごいかが分かりますよね。

今後もエイダコイン(ADA)価格の上昇が予測される現状をふまえて、エイダコインを購入する時期は速い方が良いかもしれません。もっと安いうちに買っておけばよかった…とならないためにも、はやいうちからこの波に乗ってみるのもひとつの選択肢ではないでしょうか。

※本記事は参考程度として投資は自己責任で行ってください。損害が発生しても当サイトは一切の責任も負いかねます。

エイダコイン(ADA)の買い方

国内では以下の取引所でエイダコインを購入できます。

エイダコインを購入できる取引所一覧

 

 

ここからは例として「BITPOINTでエイダコインを購入する手順」を画像を用いて紹介していきます。

<例:BITPOINTを利用したエイダコインの購入手順>

  • STEP.01
    無料の口座開設
    まずは、BITPOINTの公式サイトにアクセスして「かんたん口座登録はこちら」を選択します。
    次の画面が表示されるので、「メールアドレス>内容確認>メールアドレス登録完了」の順に内容を入力してください。
    ここまで完了すると登録したメールアドレス宛に通知が来るので、メールから口座開設ページを開き認証を行ってください。
    最後に本人確認を行う必要があります。
    運転免許またはマイナンバーカードのどちらか1点」の提出をもって口座開設が完了となります。
  • STEP.02
    BITPOINTの口座に日本円を入金する
    口座開設が完了したら、暗号資産を購入するための資金を振り込みます。
    入金方法についてはBITPOINT公式サイトマニュアルの「➁口座に入金する」をご参照ください。
  • STEP.03
    暗号資産「エイダコイン」を購入する
    最後にエイダコイン(ADA)を購入していきましょう。
    購入方法についてはBITPOINT公式サイトマニュアルの「➂暗号資産を買う」をご参照ください。

以上で完了です。

 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com

Copyright© bitアナウンス , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.