PRこの記事には商品プロモーションを含む場合があります。

仮想通貨 SOL(ソル)とは? Solana(ソラナ)の特徴や将来性をわかりやすく解説

Solana(ソラナ)
SOL(ソル)とは?
特徴や将来性を解説

「Solana(ソラナ)/SOL(ソル)って何?」
「Solana(ソラナ)/SOL(ソル)に将来性はあるの?」
「Solana(ソラナ)/SOL(ソル)のメリットやデメリットは?」

このような悩みや疑問を持っていませんか。

ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨はよく耳にしますが、それ以外の仮想通貨に触れる機会は少ないですよね。

Solana(ソラナ)/SOL(ソル)も最近ではよく話題にはあがりますが、詳しい情報までは流れていません。

そこで、この記事ではSolana(ソラナ)/SOL(ソル)について詳しく説明していきます。

この記事の内容
  • Solana(ソラナ)/SOL(ソル)の概要や特徴
  • Solana(ソラナ)/SOL(ソル)のメリットやデメリット
  • Solana(ソラナ)/SOL(ソル)の将来性

この記事を読むことで「Solana(ソラナ)/SOL(ソル)がどのようなものなのか」を知ることができるので、興味のある人はぜひ最後まで読み進めてみてください。

Solana(ソラナ)/SOL(ソル)とは

Solana(ソラナ)/
SOL(ソル)とは?

Solana(ソラナ)とは『ブロックチェーン技術を取り入れたアプリケーション開発プラットフォーム』の名称であり、このプラットフォーム上にはさまざまなアプリが構築されています。

また、このプロジェクトではSolana(ソラナ)上で扱われる仮想通貨「SOL(ソル)」が発行されています。

仮想通貨「SOL(ソル)」は、プラットフォーム(Solana)の仕組みの一角を担っており、プラットフォームが稼働するうえでなくてはならない存在です。

これらは互いに深い関係性を持っているため、プラットフォームの人気仮想通貨の価格は比例して推移します。

  • プラットフォーム(Solana)の人気が上がると仮想通貨「SOL(ソル)」の価値も増加する
  • プラットフォーム(Solana)の人気が落ちると仮想通貨「SOL(ソル)」の価値も低下する

Solana(ソラナ)/SOL(ソル)の特徴

Solana(ソラナ)/
SOL(ソル)の特徴

世の中にはSolanaの他にも、いくつものアプリケーションの開発プラットフォームが存在します。

代表的な例としては、iOSやGoogleがあげられます。AppleストアやGoogle Playストアから、多くのアプリケーションをインストールできますよね。

では、Solanaと従来のアプリケーション開発プラットフォームとではどのような点に違いがあるのでしょうか

  1. スマートコントラクト
  2. PoH(Proof of Histrory)

上記の2点はSolanaの代表的な特徴であり、従来のアプリケーションプラットフォームと決定的に違う点です。

これらは、従来の金融システムの仕組みを根本から変える革命的な技術なので、ぜひ押さえておきましょう。

スマートコントラクト

Solana(ソラナ)の最大の特徴として最初あげられるのがスマートコントラクトです。なお、この技術はイーサリアムや他のブロックチェーンプラットフォームでも導入されています。

スマートコントラクトとは、取引データや契約データといった「外部からの情報」がトリガーとなって実行されるプログラムです。

Solana(ソラナ)では、このスマートコントラクトを取り入れることで取引の全自動化を実現しています

もちろん、Solana(ソラナ)上に構築されているアプリケーションもすべてが自動で動作します。

以下は、実際にSolana(ソラナ)上に構築されているアプリケーションである「Raydium」についての説明です。

Raydium

Raydiumは、Solana(ソラナ)上に構築されている「分散型の仮想通貨取引所」であり、仮想通貨の取引サービスやステーキングサービスなどを展開しています。
※分散型取引所:全てが自動で動作する管理者のいない取引所

Raydiumでは、全ての機能が自動で動作しているためサービスの利用時間に制限がなく、ユーザーは好きなタイミングで取引サービスやステーキングサービスを利用できます。

上記のとおり、今までコインチェックやGMOコインといった仮想通貨取引所や、銀行などの金融機関が人の手で行っていた作業全自動のアプリ(取引所)が代替できるのです。

この時点で「Solana(ソラナ)やイーサリアムが金融システムに革命的な変化をもたらした」と言えますよね。

さらに、Solana(ソラナ)上には金融アプリ以外にも(ゲームアプリなど)さまざまなものが構築されているため、参入するプロジェクトが増えてスマートコントラクトの新しい活用法が登場することで、Solana(ソラナ)の人気はさらに高まっていくことでしょう。

PoH(Proof of History)

PoH(Proof of Histrory)とは、取引や契約の承認方式の1つです。

ブロックチェーンは、『取引データを1つのブロックにまとめ、ブロックを鎖のようにつなぎ合わせる』ことでデータの整合性をとっています。そのため、不正があった場合はブロック同士の相互性が合わなくなり、『不正があったことがすぐにわかる』仕組みとなっています。

ブロックをつなぎ合わせる(取引を実行して記録する)には第3者の承認が必要であり、この承認作業はバリデータという「取引を監査する存在」によって自動で行われます。

なお、承認の方式にもさまざまなものが存在するため、各ブロックチェーンプラットフォームによって採用されている承認方式が異なります。

合わせて解説!

イーサリアムやビットコインなど、多くのブロックチェーンでは、主にPoW(Proof of Work)やPoS(Proof of Stake)といった承認方式が採用されています。

これらの方式では、ブロックが互いの整合性を確認するために、ノード(ブロックの節目)同士で通信を行います。

この方法によって計算ミスや不正取引を防止していますが、ブロック同士の通信が必要になるので、どうしても取引の実行に時間がかかってしまっていました。

Solanaの採用するPoH(Proof of Histrory)では、取引時に作成した取引履歴を公開しています。

各ブロックが取引履歴を公開することで「自分のブロックに記録されている情報が正しいこと」を証明しているので、ブロック同士での通信が不要となり、PoWやPoSに比べて取引時間の大幅な削減を実現しました。

Solana(ソラナ)/SOL(ソル)の強み

Solana(ソラナ)/
SOL(ソル)の強み

自動での契約や取引が可能

Solanaやイーサリアムが誕生したことで、「取引や契約の仲介を全自動で行えるアプリ」を開発できるようになりました。これまで銀行や取引所などの組織が、人の手で運営していたサービスを、プログラムが全て自動で実行してくれるのです。

仲介者がに不要になることで、仲介手数料の削減や不正の防止を実現しています。

さらに、スマートコントラクトの実行履歴は、すべてがブロックチェーン上に記録されます。

この実行履歴はだれでも見られることから、従来の金融取引と比べて、取引の透明性が大幅に向上したとも言えるでしょう。

この仕組みは金融取引以外にも応用できる技術なので、さまざまな分野で自動化が進んでいくことが期待されます。

処理速度が速く手数料が安い

Solanaは、イーサリアムやBSC(バイナンス・スマートチェーン)といった他のブロックチェーンプラットフォームに比べて処理速度が速く、手数料も安いです。

次の表は、Solanaとイーサリアム、BSC(バイナンス・スマートチェーン)を比較したものです。

プラットフォーム Solana イーサリアム BSC
取引手数料 0.015円 2000円 50円
取引の速度(秒) 5000(/s) 17(/s) 50~100(/s)
1ブロック生成速度(秒) 0.4(/s) 300(/s) 3(/s)
コンセンサス PoH PoW→PoS PoS
権力 分散型 分散型 中央集権型

※上記は2021年4月時点のものであり、時間とともに変動していきます。

上記のとおり、Solanaは他のプラットフォームと比べての処理速度が速いうえ、手数料も安いので、Solanaの利用ユーザーは年々増加しています。

ステーキングが可能

Solanaを利用するユーザーの多くは、ステーキングで報酬を得ています。

ステーキングとは、保有資産をプラットフォーム上にロックする(預ける)ことで、対価として報酬がもらえる仕組みのことです。

ステーキングサービスは少額からでも始められるうえ、定期的に収益が得られるので、大変人気なサービスとなっています。

他プラットフォームと提携

Solanaは他のブロックチェーンプラットフォームと提携して、相互運用性を高める計画を立ててます。

現時点でも、イーサリアムとの間に「Warmhole」というブリッジ機能を開発しており、Solanaとイーサリアムとの間で資金を移動できる仕組みを実現しています。

イーサリアムとの間にブリッジができたことで、スケーラビリティ問題に悩むイーサリアムユーザーの多くがSolanaに移動したことから、今後も相互運用できるプラットフォームが増えていくことで、Solanaの利用ユーザーはさらに増加していくことが期待されています。

これまでのSOL(ソル)の価格推移


SOLは2020年3月にローンチ(公開)され、約1年半という短い期間で、仮想通貨の時価総額ランキングTOP5に入りました。

特に2021年の飛躍は顕著で、1月が(1SOL)わずか150円程度だったのに対して、最高値を記録した11月には(1SOL)25000円程度まで高騰しました。

このわずかな期間に価値が150倍以上になったので、さすがに上がりすぎとの見方もできますが、世界のSOLへの注目度の高さが伺えます。

仮想通貨市場は、ビットコインの半減期とともに盛り上がりを見せる傾向にあるため、また数年後に価格が急騰することも考えられます。

Solana(ソラナ)/SOL(ソル)の弱みやリスク

Solana(ソラナ)/
SOL(ソル)のリスク

他プラットフォームの台頭

最近は仮想通貨市場が盛り上がっていることから、新しいブロックチェーンプラットフォームが続々と誕生しています。

Solanaは、圧倒的な処理速度の速さと手数料の安さで人気を高めていますが、より利便性の良いプラットフォームが誕生した際に多くのユーザーがそちらに流れていく可能性があります。

さらに、イーサリアム自体もスケーラビリティ問題を解消するために開発が進められているため、将来的にイーサリアムのスケーラビリティ問題が解消された場合、SolanaやBSC(バイナンス・スマートチェーン)といった代替チェーンから、イーサリアムにユーザーが流れていくことも考えられます。

各国による規制

仮想通貨は発展が期待される技術である反面、「金融面で権力を有する国家」にとって、都合の悪いものでもあります。

  • 仮想通貨が普及すると、国が発行する法定通貨の金融面での権力が弱まる
  • 金融緩和や縮小などの政策をとることができないため、経済的なコントロールも難しくなる

上記の理由から、SOLだけでなくすべての仮想通貨が規制の対象となり得ます。

実際に、2021年には中国当局による全面的な仮想通貨の禁止令(デジタル元を除く)が発表されたことにより、ほぼすべての仮想通貨の価値が大幅に下落しました。

新しい技術に対する規制はつきものですが、排除ではなく法定通貨ともうまく組み合わせた活用法を期待したいですね。

Solana(ソラナ)/SOL(ソル)の今後や将来性

結論から言うとSolanaが今後も成長して、市場価値を高める可能性は十分にあります

Solanaは他のブロックチェーンプラットフォームと比較して、性能が圧倒的に高いです。

イーサリアムやバイナンスチェーン上で人気のプロジェクトも続々とSolanaに参入しているため、今後もプラットフォームの規模が拡大していくことが期待されます。

また、仮想通貨市場は急速に成長しています

銘柄 2017年9月 2019年9月 2021年9月
ビットコイン(1BTC)  480,000円  900,000円 5640,000円
イーサリアム(1ETH) 20,000円 20,000円 430,000円
バイナンスコイン(1BNB) 100円 3,000円 50,000円
ケーキ(1CAKE) - 100円 2,000円

上記は、代表的な仮想通貨の2年ごと価格推移です。

上記のとおり多くの銘柄が過去の価値の何倍にも成長していることから、この市場の成長がいかにすごいかが分かりますよね。

この結果から、SOLも市場の発展とともに、さらなる価格上昇していくことが予測できます。

「もっと安いうちに買っておけばよかった」とならないためにも、この波に乗ってみるのもひとつの選択肢ではないでしょうか。

注意

価格の上下が激しいので、暴落も起こりやすいです。

投資をする際は、必ず自己責任で行ってください。

SOL(ソル)の買い方

残念ながら現時点では、SOL(ソル)を取り扱っている国内取引所はありません。

SOL(ソル)を購入する場合は、次のような海外取引所を利用する必要があります。

SOL(ソル)を購入できる海外取引所一覧

 

上記の海外取引所は、いずれも日本の金融庁による事業者登録が行われていません。

何かトラブルが発生しても自分で対処する必要があるので、これらの取引所を利用する際は自己責任で行ってください。

また海外取引所では、JPY(日本円)での取引ができません

海外取引所で取引するためには、そこで扱える仮想通貨を送金する必要があるので、まずは国内の取引所で仮想通貨を購入しましょう。

 

国内取引所は複数存在するので使いやすさや手数料を比較し、自分に適した取引所を選択しましょう。(⇒国内の仮想通貨取引所を徹底比較

最後に、購入までの一連の流れを示すため、例としてCoincheckとBinanceを利用したSOL(ソル)の購入手順を以下に示します。

ぜひご参考にしてください。

例:CoincheckとBinanceを利用した購入手順

  • STEP.01
    Coincheckでビットコインを購入
    まだ仮想通取引をしたことのない人は、(無料の)口座開設から始めましょう。
    口座開設はCoincheckの公式サイトから行います。

    (引用:Coincheck公式サイト)
  • STEP.02
    ビットコインをBinanceに送金
    まずは送金先のアドレスを確認しましょう。

    ※Binanceを利用したことがない人は、Binance公式サイトから(無料で)口座開設する必要があります。
    Binanaceの公式サイトにログインして上メニューの「人型のアイコン」を選択します。
    右側にメニューバーが出てくるので、「ウォレット>フォアットと現物」を選択します。
    次の画面が表示されたらビットコイン(BTC)の「入金」を選択します。※必ず送信する通貨の「入金」を選択してください。
    入金の画面が表示されるため、アドレスをコピーします。
    次にコインチェックで送金の操作を行います。


    \参考動画に出てくる「新規宛先」の欄に、先ほどコピーしたBinanceのアドレスを貼り付けてビットコインを送金しましょう。/

    (引用:Coincheck公式サイト)
  • STEP.03
    BinanceでSOL(ソル)を購入
    最後にSOL(ソル)を購入していきましょう。
    上メニューから「トレード>コンバート」を選択します。
    コンバート画面が表示されたら、「振替元:BTC」「振替先:SOL」を選択して、金額を入力します。
    上記をすべて入力したら「コンバージョンプレビュー」ボタンを押してください。
    最後に詳細情報と確認のためのボタンが出てくるので、「コンバート」を選択して取引を実行しましょう。

以上で完了です。

 

 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com

Copyright© bitアナウンス , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.