PRこの記事には商品プロモーションを含む場合があります。

vocabulary

ブロックチェーン技術とは? 意味や仕組みを初心者にもわかるように簡単に解説!| bitアナウンス用語集

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンはインターネット上におけるデータ記録技術のひとつです。

現在は データベース(DB)クラウド などの技術を主流にネット上のデータを記録・管理していますが、ブロックチェーンもこれらと同じ役割をはたします。

さらに、ブロックチェーンには いままでの技術にはない『新しい特徴』をもっているので、より便利なネットワーク空間を実現できるようになりました。

つぎの章ではブロックチェーンのどのような点が魅力的なのかを分かりやすく解説していきます。

ブロックチェーンの特徴

ブロックチェーンの特徴は、おおきく以下の4つです。

 ブロックチェーンの特徴
  1. 管理者が不要になる
  2. 履歴を削除・変更できない
  3. 不正できない
  4. 安全性が高い

まず、ブロックチェーンを用いると 中央管理者となる 組織や人 が 不要 になります。

びっとアナ
いままでは、個人や企業が(データ記録用の)サーバを用意して、サイトやアプリケーションなどのシステムを構築していましたよね。

ブロックチェーンは、データを 複数のコンピュータで共有して記録します。

そのため、サーバが不要となり、中央管理者がいない状態でのシステム構築が可能になりました。

これまでは Webサービスを利用する際に、(サイトを運営する)企業に個人情報を預ける 必要がありました。

ですが、ブロックチェーン技術の誕生によって、企業側が個人情報を管理しなくても各個人がWebサービスを利用できるようになったのです。

 企業で個人情報を管理しないメリット
  1. 個人情報漏洩をふせげる
  2. 内部不正を防止できる
  3. 情報登録の面倒な手間をはぶける

ブロックチェーンを用いることで、 内部(管理組織)の人間にデータを改ざんされるリスクがなくなります。

さらに、一度記録したデータは削除・改ざんすることができないうえ、だれもがネット上から閲覧可能。これらの観点から、従来のDBやクラウド より 安全性・透明性 が高い といえるでしょう。

ここからは、以上の特徴を活用することでどのようなことが可能になったのかを、ブロックチェーンの活用例をもとに解説していきます。

ブロックチェーンの活用例

ブロックチェーンの活用例でもっとも有名なのが ビットコインです。

ビットコインはインターネット上で取引できる暗号資産(仮想通貨)のひとつ。実態を持たない「仮想の通貨」でありながら、金銭的な価値を持ちます。

びっとアナ
もちろん日本円(法定通貨)と交換することも可能です。

ブロックチェーンは、ビットコインの中核技術として大きな役割を果たしています。

それでは、(ブロックチェーン技術をもとに誕生した)ビットコインの特徴を見てみましょう。

 ビットコインの特徴
  1. 送受金に仲介組織をはさまない
  2. 不正できない
  3. 海外への送受金が安い・はやい
  4. だれでも取引履歴をみれる

まずビットコインは、仲介組織(銀行や証券会社)をはさまずに 売買や入金・送金ができます。

これは、今までの金融システムでは考えられなかったことです。では、仲介組織をはさむ場合と、そうでない場合では、どのような違いがあるのでしょうか。

びっとアナ
具体的な例をあげて、ちがいを見てみましょう。

まずは 仲介組織をはさむ』日本円の送金について。

(例:日本円を海外に送金する手順)
  1. 銀行窓口での面倒な手続き
  2. 高額な手数料の支払い
  3. 1~2週間ほどの送金待ち

つぎに 仲介組織をはさまない』ビットコインの送金について。

(例:ビットコインを海外ユーザに送金する手順)
  1. ネット上で送信額と送金先を指定して送金実行
  2. 仲介組織がないため手数料がほぼ無料
  3. 数十分~数時間で完了

上記の例から、ビットコインの送金は日本円の送金と比べて送金の手間がかからない手数料が安い送金速度がはやい などの魅力があることがわかります。

そのうえ、管理者がいないため(銀行のような時間制限がなく)24時間いつでもビットコインを交換・送受金できます。

革命的な技術だとはおもいませんか。あたらしくて仕組みが難しそうですが、じつはブロックチェーンの仕組みはとても単純です。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンの仕組みはとても簡単。まずは、データ記録が「ブロック」と呼ばれる "データの入れ物" にはいります。

たとえば ビットコインで金融取引を行った場合は、取引が成立すると取引結果がブロックに格納されることになります。

つぎに、データの記録が入っている「ブロック」を チェーンのようにつなげていくことで、ほかのコンピュータに情報を共有していきます。

たったこれだけで、複数コンピュータで同一のデータを共有。ブロックチェーン上へのデータの記録が完了しました。

ブロックチェーンに新しい「ブロック」をつなげる際には、リンクするブロック同士が、(お互いに)データの整合性を確認し合います。

これにより、ブロック内のデータに誤りや不正があった場合はブロック同士の相互性が合わなくなり、『不正があったことがすぐにわかる』仕組みとなっています。、

-vocabulary

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com

Copyright© bitアナウンス , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.